実践的な英語学習

速読英単語シリーズの使い方

速読英単語シリーズについて

DUOは1センテンスですが、速読英単語シリーズは(必修・上級・熟語)は数百語の文章があり、そこに出てくる単語や熟語に関しての説明があります。速読英単語シリーズを利用することで、リーディングの能力向上を見込めます。(また、語彙獲得・音声CD利用によるリスニング能力、発音矯正も可能です。DUOと違って英作文のための英文暗唱には向きません。)

速読英単語シリーズは3つのシリーズがあります。まずはもちろん必修編をこなしましょう。簡単すぎると感じる人もいると思います。その場合はざっとこなして、すぐ次の本にうつって良いと思います。上級編、熟語編も、語彙の網羅率を高める、多くの文章に触れるという観点から手をつけることをオススメします。同じ時間なら1冊に全部つぎ込むより、3冊まんべんなく使うべきです。

ところで、小説や論文を読むことで代替できるんじゃないの?と思った人もいるかもしれません。 最終的には、小説や論文など目的とする英文に触れることが重要ですが、訓練の効率という点では、単語の説明が無い、CDが付属しないという点で良くはありません。まずは英語学習教材を利用して基礎力をつけた上で、実践にうつることをオススメします。

まずは読む

各段階毎に1冊通そうとするより、1個の文章毎に各段階を行い、次の文章に進むスタイルを勧めます。

まずは英文を読んでみましょう。分からない単語があれば、適宜辞書を引いたり、書籍中の単語の解説を読んでもいいです。

まだ英語力に自信のない人は日本語訳も読んで答え合わせしてもいいと思います。(最終的には日本語訳は頼らないように目指しましょう)

音声を聴く

単語を覚える

英単語を理解していないと、速読は夢のまた夢なので、ここはさぼらないように

音声を1.4倍速/2倍速で聴く

早く読む(速読する)

word/minuteに注目。

本サイトの狙い

グローバル化・ボーダーレス化の世界と言われているにもかかわらず、憎しみの連鎖、差別、偏見、戦争といったものは止みそうにもありません。 もちろん、経済的な理由などがあるのも事実ですが、個人のレベルでの「不理解」「不寛容」がその原因の一つであることは間違いないと思います。

異なる文化・人々を理解するには、その文化や人々が使う言語を用い、直接情報を手に入れる必要があると考えます。 幸いにして、インターネットが情報を手に入れることは可能にしてくれました。 あとは該当の言語を習得するのみです。 (日本語で手に入る情報は、その通訳者によって取捨選択・操作されていることは説明するまでもないでしょう。)

英語、あるいはその他の言語をより多くの日本人が習得し、情報を得、また発信することを願ってやみません。

また、個人のレベルでは、英語(あるいはその他の外国語)を習得することにより、(少なくとも日本においては)他の人との差別化をはかれます。

実用的な意味では、英語をまったく使いこなせてない人がほとんどだからです。

せっかく6年間(あるいは大学合わせて10年間)英語を学ぶのだから、使いこなせるようにならないのはもったいないと思いませんか? 中学・高校での英語学習に加え、そこに欠けている要素を自ら(本サイトを頼りに)学習することで、きっと実践的・実用的な英語運用能力が身につくはずです。

連絡先